キャッツクローサプリの選び方 3つのポイント!【膝や関節が気になる方】

キャッツクローサプリの選び方の3つのポイント!

キャッツクローは、選び方によって効果が変わってきます。このサイトでは、選び方を3つに絞りご紹介します。

 

キャッツクローサプリの選び方 3つのポイント!

満足度(リピート率)

キャッツクローのサプリの実感度は、満足度(リピート率)を見ればすぐに分ります。なぜなら、実感がなければ、継続する必要がないからです。ですので、キャッツクローを選ぶ時は、満足度の指標となるリピート率等をチェックしましょう。

 

飲みやすさ・吸収力

これは、見落としがちですが、大事です。キャッツクローは、成分としては非常に優秀なのですが、やはりその分、デメリットとして、ニオイが独特です。これを臭いが合わない方もいます。毎日飲むのであれば、この臭いが気にならない工夫がされたサプリがベストです。また、キャッツクローの有用成分のアルカロイドは、酸によって分解され吸収されます。ただ、タンニンと結合したままのアルカロイドは、分解されないため、吸収力が落ちます。ですので、吸収力のチェックも大切です。

 

安全性

安全性とは、原材料の調達から加工までの管理体制のことです。キャッツクローはチリの原生林から、採取し、最終的に日本へ届けられ、工場で加工されます。最終的には、私たちの口の中に入るものなので、GMP工場にたどり着くまでの間、どう品質管理されているのかはチェックすべきポイントです。例えば、複数の会社をまたいで届くのか、全て1社で一貫管理しているかで、衛生面、安全面で大きな違いがでてきます。

 

ここからは、現在人気のあるキャッツクローサプリのランキングをご紹介します。

2017年 キャッツクローランキング!

キャッツクローは、グルコサミンやコンドロイチンと異なり、痛みを軽減する有用成分が豊富に含まれている点が異なります。特に、最近は、キャッツクローだけでなく、関節の成分(U型コラーゲン)が含まれたサプリを購入する方が多いです。

 

ニコラプロ

ニコラプロ (U型コラーゲン含有)の特徴

メリット
3大成分(キャッツクロー+非変性2型コラーゲン+非変性プリテオグリカン)
・関節にピンポイントで機能する人気成分!
・免疫寛容メカニズムはハーバード大学でも証明!
・効果を発揮する生の状態でカプセル化
・ズキズキ感がなくなったと口コミでも評判!
送料無料・ネット割引キャンペーン中!
デメリット
・通常価格で買うと4800円と高い。

価格 3600円
評価 評価5
備考 腰痛、リウマチの方、ヒジ、ヒザの痛みのある方に人気!

キャッツクロー

キャッツクロー(ヤマノ)の特徴

メリット
リピート率93%の人気サプリ
臭いがないので飲みやすい
原材材料の調達から加工まで1社で全て管理
定期便キャンペーン52%OFF(送料無料)
解約はいつでも可能♪
安心の植物性カプセルを使用 
デメリット
お試し商品に割引がない。

価格 1980円
評価 評価5
備考 利用者の80%が実感する人気のキャッツクローサプリ!
キャッツクロー(ヤマノ)の総評

ヤマノのキャッツクローの特徴は、吸収力が高い点があります。ズキズキに有用な成分アルカロイドは、酸と結合することで吸収されます。

このキャッツクローは、植物由来カプセルで包み込み胃まで到達し吸収しやすくなっているんです。更に、MSMと呼ばれる抗炎症化作用などがある成分も含まれているんです。
(体内吸収阻害の原因であるタンニンは含まれていません。)

吸収力・品質の高いアルカロイドが豊富に含まれたサプリの1つです。

キャッツクロウスカット

キャッツクロウスカットの特徴

メリット
お試しセットが1980円と格安!
リウマチの方にも人気のノニなど成分が豊富!
65万個売れている人気のロングセラー!
GMP認証取得工場だから安心。
キャッツクロー研究者・博士と共同品質管理!
単品でのお試し購入がしやすい。
デメリット
1日6粒程度が目安で量が多い。

価格 1980円
評価 評価5
備考 62万個売れているロングセラー

毎日活歩

毎日活歩の特徴

メリット
グルコサミン、コンドロイチン、キャッツクローが含まれている。
GMP工場にて製造している。
主に軟骨成分が主流のサプリ
まとめ買いだと安くなる。
デメリット
キャッツクローが主成分ではない。

価格 1890円
評価 評価3
備考 グルコサミン、コンドロイチン、キャッツクローが全て含まれている。
 

キャッツクローとは?

グルコサミン コンドロイチン

ヒザの痛みを抑える成分でCMなどで有名なものは、
グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸ですよね。

 

キャッツクローサプリは、
そのグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸では満足できなかった方に人気
なんです。

 

1994年にWHO(世界保健機関)から健康植物として認定されたキャッツクローは、グルコサミンに代わる新成分として世界で注目さている植物です。

 

特に、免疫を高める効果炎症を鎮める作用がある「アルカロイド」等の6種類の有効成分が含有されており、炎症を抑える事で痛みを改善する特性を持っています。

 

キャッツクローは、原材料が海外(主にチリ)で採取され、最終的に日本へ送られますが、やはり採取されたキャッツクローも品質に差があります。

 

ですので、実際に、そのサプリを飲んでみた結果、
実感があるか or ないのか?は大事な指標になります。
特に、人気のあるキャッツクローサプリは、リピートしている方が多いです。

 

結局、買ってみたけど、結局、何も変わらなかったでは、
高いお金を払っているのに損ですよね。

 

キャッツクローとは?
古代より「幻のハーブ」として珍重されており、ペルーの熱帯雨林アマゾンの奥地に自生している植物です。特に栄養分の吸収力が強いため、1ヘクタールという大きな敷地に、たった数本しか生えないとう貴重な植物です。

 

ですので、選ぶ際は、品質も忘れてはいけません。
メーカーがどこで原材料を入手し、品質管理をしているのかはチェックすべきポイントです。

 

キャッツクローの濃度にこだわり過ぎると失敗する!

 

キャッツクロー 安い

例えば、キャッツクローの1日の摂取量の目安は各メーカーで異なっています。

 

というのも、キャッツクローには、

  • アルカロイド
  • トリテルペン
  • ポリフェノール
  • 植物ステロール
  • プロアントシアニジン
  • キノビック酸グルコシド

など、ズキズキ以外の、有用成分が含まれているんです。
しかも、同じキャッツクローでもアルカロイドの含有量(濃度)も樹木によって異なります。

 

ですので、キャッツクローの濃度は高いけれど、アルカロイドの濃度は低いというケースもめずらしくありません。
つまり、キャッツクローが高濃度であっても、一概に、ズキズキ成分が高濃度とは言えないんです。

 

高濃度のキャッツクロー = ズキズキに効果があるとは限らない!

 

それよりも、一番分かるのは自分の身体です。身体は、嘘をつきません。
ですので、ですので、他の人も実感しているものを選びましょう。

 

例えば、リピート率や販売実績が一つの指標になります。

 

また、キャッツクローサプリは、炎症による痛みを緩和するものです。ですので、継続的に摂取できるものの方が良いわけです。つまり、価格も大事な要素です。

 

具体的には、定期的に購入した場合の安さです。
最近のキャッツクローサプリは、キャッツクローと相性の良い抗炎症の働きがある成分を組み合わせて、価格を抑えてあるものがあります。

 

独特の臭い、大丈夫?

 

キャッツクロー 飲みやすさ

キャッツクローは、独特の薬臭さがあります。
継続するのに、毎回いやな臭いだったら、続けたくなくなりますよね。

 

苦痛のまま飲むのは、逆にストレスになってしまいます。
ストレスは当然、体に良い影響を与えません。

 

また、臭くて飲めないでは、結局買った意味がないのです。
ですので、毎日飲む場合は飲みやすさも重要視すべき点なんです。

 

安全性は大丈夫?

キャッツクローの原材料は、日本ではなく、主に海外(チリ)です。

 

チリから日本に渡り、最終的に製造工場に届けられます。
ただ、工場に到着するまで、どのような人の手を渡って、どう管理されているのかは、複数の中間業者を経由するため、基本的に知ることができません。

 

ですので、現地での採取の調達から、工場加工まで一貫して管理している会社の方が責任が明確なため、品質や安全性は高いのです。

キャッツクローサプリの口コミ

◆2週間くらいたったころから変化が!

朝のこわばりと、指の関節の痛みが出てきたため、仕事が上手く捗らなくなっていました。このままでは、同じ仕事を続けていくのも大変な予感がしました。友人からキャッツクローが良いと知り、初めて試したところ、2週間程度たったころから、こわばりがなくなってきたんです。これからも続けてみます!

◆医師にすすめられたのがキャッツクローでした

朝起きてから、こわばりと、かかとの痛みが続いてました。友人が関節痛で医者にすすめられたのがキャッツクローでした。これ以上、悪化したくないと思っていたので、試しに飲んでみた所、数日で効いてきたのか、痛みが減ってきたことに気づきました。飲み忘れると、痛みが走るので、何らかの効果があるのかもしれません。今は、手放せませんね。

◆朝のこわばりが軽くなってきた♪

リウマチになってから4年が経過します。薬を飲んでいましたが、やはり副作用もあり、このまま続けることに不安を持ちながら飲んでいました。鍼灸医や整体などにもいき、だいぶ状態が良くなってきましたが、サプリを飲み始めて3ヶ月程度たったところで、朝のこわばりやがだいぶ軽くなってきました。

▼ お得なキャンペーン中です! ▼
>>人気No1のキャッツクローはコチラ!

リウマチ・腰痛・関節の痛みにキャッツクロー!

 

ヒザの痛み

「年齢と共に膝関節の痛みが・・・」
腰痛が酷くて長時間歩くことが難しい」
リウマチで手足がズキズキしびれる・・・」
階段の上り下りが辛くてついつい出不精に」

 

そんな悩みをお持ちの方はいませんか?
実は関節痛や腰痛に苦しんでいる方って男女問わず結構多いんです。

 

「腰痛やリウマチなんてお年寄りの病気でしょ?」なんて思っている方もいるかもしれませんが、若い世代にだって通院している患者さんは何千人もいるので危険はすぐ隣にあるんですよ!

 

特にリウマチは女性に多い病気と言われていて、
30代、40代で発症するケースが一番多く、中には20代のうちに発症してしまう方もいます。

 

身体の痛みや手足のしびれというのは中年女性の多くが抱えている悩みでもあるんです。

リウマチ

 

腰痛やリウマチで一番辛いのが、関節や腰の痛みです。
ただ、痛いとはいえ、仕事を休まざるをえない状況が続くのも困りますよね。

 

そんな痛みにおすすめなのがこの植物由来サプリメント『キャッツクロー』なんです!

キャッツクローの皮

 

この『キャッツクロー』は
グルコサミンに代わる新成分として注目されているんです。

 

飲むことで、痛みが消えるため、格段に身体が軽くなる、動きやすくなるという方が増えているのが、キャッツクローなんです。

 

ここからは、キャッツクローの抗炎症作用がどんな方におすすめなのかお伝えしていきます。

 

加齢による関節痛がある方

 

そもそも膝や腰の痛みというのは何が原因なのでしょうか?
生まれつきの体質というのならまだ分かりますが、
子供の時分はみんな元気に走り回っていたはずですよね?

関節痛 軟骨減少

 

いったい年齢とどんな関係があるのでしょうか。

 

私たちの身体というのは、骨にいくつもの関節があり、それが曲がることで自由に身体を動かすことができます。

 

そして通常は関節と関節の間に軟骨が挟まっていて、
その柔らかい軟骨がクッションとなることで、関節がスムーズに動くことができるんです。

 

しかし、軟骨というのは年齢と共に減少していったり、擦り減っていくことがあります。

 

加齢と共にもろくなってしまった軟骨が徐々に欠けて、擦り減ってくることで関節と関節のクッションがなくなり、ぶつかり合うことで炎症を起こしてしまうんですね。
これが加齢による関節痛の原因です。

 

また骨がぶつかり合って炎症を起こす際に、神経に触れてしまったりすると、ビリビリとしたしびれが起きる場合も多いです。

 

グルコサミンやコンドロイチンは、その軟骨をサポートする成分が含まれているので、効果的なのですが、痛みは軽減してくれません。キャッツクローは、そんな痛みを軽減してくれる抗炎症作用があるため、関節痛サプリとして人気があるんです。

 

ちなみに、関節の主な成分は、非変性2型コラーゲン、非変性プリテオグリカンです。なので、関節成分なら、グルコサミン・コンドロイチンよりこちらがおすすめです。

 

リウマチによる関節痛が気になる方

 

リウマチによる関節の痛み

リウマチは、加齢の関節痛と異なり、免疫系の病気です。
免疫は本来、身体に入ってきた良くない細菌やウィルスを退治してくれる人間の身体にとってとても大切なものです。

 

しかしこの免疫機能が異常を起こしてしまうと、
自分自身の細胞を危険なものと認識して攻撃してしまうことがあるんです。

 

攻撃された細胞は炎症を起こしてしまうので、
関節周りが腫れてしまったり、熱を持ったり、慢性的なしびれを帯びるようになります。

 

激しい痛みをともなうだけでなく、放っておくと骨が変形してしまう可能性もある病気です。

 

ただ、リウマチは、早期治療で7割が寛解するため、初期の段階でいかに対策が打てるかが大事です。
その対策として、大事なのが、関節を動かすことです。

 

また、痛みにより、関節を動かさずにいると、筋力が衰え、関節の固まりにつながってしまいます。

 

ですので、適度な運動・体操は、筋力を維持するためにも欠かせません。
そのためには、痛みに対する抗炎症作用のある有用成分が含まれたキャッツクローは、早期回復の手助けになってくれるんです。

 

関節痛に効くキャッツクロ―ってどういうもの?

 

キャッツクロー

キャッツクローが関節痛のある方に人気がある一番の理由は、痛みの元になっている炎症を抑える事で痛みを改善することにあります。

 

キャッツクローの樹皮には、
植物性の「アルカロイド」などの抗炎症作用として有用成分が豊富に入っていることが近年の研究で分かってきたんです。

 

このアルカロイドは、
免疫を高める効果や炎症を鎮める作用、痛みを抑える鎮痛作用、血管の老化を防止する抗酸化作用、血流改善作用など多くの作用があります。

 

ペルー産のキャッツクローに含まれるアルカロイド
リンコフィリン、ミトラフィリン、イソテロボディン、テロボディン、イソリンコフィリン、イソミトラフィリン

 

キャッツクローは、
南米ペルーの熱帯雨林アマゾンに自生しているツタ科の植物なんです。
1994年、キャッツクローはWHO世界保健機構にて、「副作用のない薬用植物」としても認定されました。

 

グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸はあくまで関節の軟骨をサポート・補給するものです。
なので、ヒザの関節痛や腰痛などの痛みに対しては、直接炎症を鎮めてくれるキャッツクローの方が、即効性があるんです。

キャッツクロー 関節痛 緩和

 

そんな『キャッツクロー』に加え、
痛みを軽減したり、炎症対策に相性の良い成分を含んだものが
「キャッツクローサプリ」なんです。

 

関節痛や腰痛、リウマチのあの嫌なズキズキって辛いです。

 

普段の生活で、例えば、ボタンをはめたり、物を持ち上げたり、場所を移動したりするだけでも痛みって走ります。

 

また、
「関節痛や腰痛が辛いけど明日は長時間歩かなくてはいけない」
「急に腰が痛みだして我慢できない!とにかく今すぐ痛みを和らげたい!」

 

そんな状況の方にはおすすめです。
毎日飲むことで少しずつ慢性的な痛みを緩和してくれるんです。

 

関節痛や腰痛の患者さんというのは、
「身体を動かすと痛みが出るので家から出ない」
「ベッドから動かない」という方が多いです。

 

確かに安静にすることは大切ですが、
全く運動をしないのは逆効果で筋肉が衰えたり、骨が正常に動かなくなってしまうことも多いです。

 

なので痛みがなくなるだけでも、普段できなかったリハビリがしやすくなってきますよ。

キャッツクローサプリ

効果が高いとはいえ
「サプリメントって添加物が気になる。」
「匂いが気になっていつも止めちゃう。」
という方も多いですよね。

 

確かに、いくら効果があったって飲むのに抵抗のあるものは続きません。

 

しかし最近の人気の『キャッツクローサプリ』は続けやすいことや
飲みやすいことにこだわったサプリメントが出ているので続かないという方でも安心です。

 

ご紹介のものは、飲みやすいカプセルタイプですし、匂いや味も気になりません。
カプセル自体も植物成分なので添加物などが気になる方にも安心です。

 

サプリメントなのでいつ飲んでもいいですし、食事や体調を気にせず、すぐにスタートできるのも魅力ですよね。

 

割引キャンペーンなのでお得に購入したい方はお見逃しなく♪

キャッツクロー