今一番関節痛に効くのはコレ!新成分キャッツクローの効果や効能とは?

今一番関節痛に効くのはコレ!新成分キャッツクローの効果や効能とは?

傷む膝関節、重〜い腰痛、しびれる手足・・・こんな症状に覚えがあるという方も多いのではないでしょうか。腰痛や関節痛、リウマチなどは簡単に治療もできないので嫌な痛みがずっと続くのが大変なんですよね。

 

こういった症状の改善策として、一昔前はグルコサミンがもてはやされていましたよね。グルコサミンというのは軟骨などを生成する成分が含まれているので、確かに関節痛には効果的です。

 

しかし、最近になってグルコサミンに代わる、新成分の効果が話題になっているんです!

 

その名も「キャッツクロー」です。聞き慣れない名前かもしれませんが、関節痛や腰痛で悩んでいる方の間では今、もっとも注目されている成分なんです。

 

今回はこの「キャッツクロー」の効果や効能について紹介していきましょう。

 

■そもそもキャッツクローってなに?

 

あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、キャッツクローというのは南米ペルーの熱帯雨林アマゾンに自生するツタ植物です。雄大な土地の栄養分を大量に吸収するので1ヘクタールに数本しか生えないという、ものすごいエネルギーを有する植物なんですよ。

 

樹皮には植物性のアルカロイドである「オキシインドールアルカロイド」という有効成分が含まれています。これこそが関節痛や腰痛、リウマチの痛みを和らげてくれる重要な成分なんですよ!

 

痛みを緩和する効果

 

キャッツクローに含まれるアルカロイドには関節痛や腰痛、リウマチのあの嫌なズキズキを緩和して、痛みを抑えてくれる効果があるんです。関節痛というのはあまりの痛みに動けなくなったり、慢性的なズキズキによって運動などが億劫になってしまうことが多いです。

 

安静にするのは大切なことですが、あまりにも動かな過ぎると身体はどんどん固まってしまうので、治療にならないんです。キャッツクローで痛みを緩和することで、無理なく運動療法を進めることが出来るんです。

 

 

免疫を増強する効果

 

キャッツクローの効果は痛みを和らげるだけでなく、免疫機能を増強させる効果もあるんです。免疫機能がアップするので感染症予防になりますし、精神ストレスを抱えている患者さんの精神を安定させる効果もあるんですよ。

 

実際にキャッツクローは関節炎、リウマチ、胃腸炎、ガン、ポリープ、慢性疲労症候群などの治療にも用いられていて、医学界では安全性の高い新薬として話題になっているんです。

 

漢方よりも効能が高い!?

 

私は今まで関節痛や腰痛の治療として漢方を利用してきたのですが、実は医学界では、キャッツクローには漢方よりすぐれた有効成分と即効力がある、という説が有力視されているようなんです。

 

免疫を増強する効果は先に説明しましたが、それ以外にも疲労回復機能や、スタミナとエネルギーを高める作用もあります。関節痛や腰痛、リウマチというのは傷みによって日常生活に支障をきたしてしまい、外出が減りどんどん体力も落ちてしまうことが多いので、疲労回復効果があり、スタミナとエネルギーを高めてくれるキャッツクローはまさに治療にもってこいなんです!

 

私もキャッツクローを治療に取り入れてから膝関節の痛みも緩和させ、随分身体が楽になりました。関節痛にお悩みの方はぜひお試し下さいね。